ヴィーガン ヘルシーブラウニーの作り方! オーブンで焼かなくてOK。作り方簡単。

スイーツ

砂糖・乳製品・小麦粉、全部不使用。ギルトフリースイーツ!簡単ヴィーガンブラウニーの作り方を紹介します。

材料を混ぜるだけで、作り方簡単だよ。しかも、オーブンで焼かなくてOKのローブラウニー!

ヴィーガンブラウニーって何?

ヴィーガンとは?

お肉、お魚などの動物製品を食べなことをベジタリアンと呼ぶのを、ご存知の方は多いはず。ベジタリアンの方は、お肉やお魚は食べないけれど、卵やチーズなどの乳製品、または、はちみつなどは食べます。

それに比べて、ヴィーガンは、動物から作られた一切のものを食さないこをを言います。なので、鶏(動物)から作られる、卵やミルク、乳製品など、または、蜂から作られるはちみつなども食べません。

普通のブラウニーとヴィーガンブラウニーの違い

普通のブラウニーには、バターやミルクなどの乳製品、また(ミルク)チョコレートがたくさん使われています。

今回のブラウニーは、乳製品は一切使わず作った、ブラウニーです

また、カロリー高めのバターやミルクを使わないので、普通のブラウニーと比べて、カロリーが低めにできます。

スーパーモデルの、Giselleさんも、お子さんのために作っている、と言われていました。

今回作る、ヴィーガンブラウニーってどんなの?

今回使う食材

まずは、デーツを使って、自然な甘さを加えます。デーツが十分に甘いので、追加の甘味料は入れません。

通常のブラウニーは、甘いミルクチョコレートを追加することも多いですが、チョコレートを使わず、カカオパウダーを使って、チョコレート風味を加えます。

調理方法

通常のブラウニーは、オーブンで焼く必要がありますが、こちらのブラウニーは、冷やし固めれば完成です。わざわざ、オーブンで焼かなくてもいいので、楽にできます。

とくに火を使うこともなく、ボールひとつに材料を混ぜれば、出来上がり!

保存方法

冬場は、常温でも大丈夫ですが、夏場は、冷蔵庫で保管してください。

冷蔵庫で冷たくなったものがオススメです。もちろん、常温でもOK。

冷蔵庫に入れれば、1週間くらいは大丈夫です。

ここがヘルシー!

  • 砂糖・乳製品は一切使いません
  • オイル系も使いません
  • 甘さはデーツの自然な甘さだけ
  • ビタミンEのたくさん入っているアーモンドを加えます
  • チョコは使わず、カカオパウダーを使います

デーツ

デーツは、ナツメヤシの実で、中近東諸国で、よく食べられているフルーツです。通常、ドライフルーツで販売されていて、甘味料が入っていないにも関わらず、それだけで、とっても自然な甘みがあります。ちょっと、プルーンにも似たドライフルーツです。

それだけでも美味しいですが、デーツを使って、スイーツを作るのがオススメです。

カリウムやマグネシウム、鉄分、ミネラル、食物繊維、ビタミン類とたくさんの栄養素も入っているので、ヘルシースイーツ作りには欠かせません。

カカオパウダー

カカオパウダーには、ミネラルやビタミンなどの栄養がたくさん含まれています。これらの栄養素は、美容のためには欠かせない栄養素です。

またカカオパウダーは、ダイエットにも効果があると言われいて、脂肪を体内に溜め込みすぎるのを防いでくれたりするようです。

カカオパウダーはチョコレートと同じ、カカオから作られていますが、砂糖やミルクなどを追加しないので、それ自体には甘みもなく、ミルクチョコレートより、断然ヘルシーです。でも、チョコレートの風味をしっかり楽しむことができます。

では、一緒に作っていきましょう

今回の分量で、小さめのブラウニーが6個〜8個できます。

材料

  • ドライデーツ
  • デーツ 約130g
  • 純正カカオパウダー 1/2カップ
  • ウォルナッツとアーモンド それぞれ1/4カップ
  • シーソルト 少々
  • カカオニブ 大さじ1(オプション)

作り方

  1. ドライデーツは、ぬるま湯に15分以上浸して、柔らかくしておく
  2. ドライデーツの水を切り、ブレンダーでブレンドする
  3. カカオパウダー、 ウォルナッツとアーモンド、シーソルトを追加して、ブレンダーでさらにブレンドする
  4. 最後にカカオニブを追加して混ぜる(ここはブレンドなしで、スプーンで混ぜるだけでOK)
  5. すべての材料を、平らな容器やバットに薄し、手を使ってしっかり押し固めていく
  6. 冷蔵庫で、15分くらい冷やし固める
  7. お好きな大きさに切って、出来上がり

作る際のポイント

  • ドライデーツは、購入するものによって、すでに柔らかいものもあります。ドライデーツがすでに、柔らかい場合は、ぬるま湯に浸す作業はなくても大丈夫です
  • ドライデーツに種が入っている場合は、種はブレンドする前に取る
  • ドライデーツはしっかりブレンドする
  • 容器で押しかためていくときは、しっかりと押し固める。ここでしっかり固めないと、後で崩れてしまいます

コメント

タイトルとURLをコピーしました