茹でない、発酵なし。材料たった4つ。イースト使わず、すぐにできる簡単ベーグル

パン

ベーグルを作ってみたいな、そう思っても、面倒だな、とか難しいな、と思って謙遜してませんか?

こねるの面倒。茹でるに面倒。発酵するのも時間かかる。せっかく作って失敗するのも嫌だから、やめておこう。今日紹介するベーグルのレシピはそんなお悩みを一気に解決して、簡単に美味しいベーグルができます。

通常のベーグルを作るのにかかる手間

通常ベーグルを作る時は、焼くまでに、下記の準備ステップが必要になります。

  1. 材料をこねる:コネ時間で、10分くらいかかります
  2. ベンチタイム:こねた生地を分割して、休ませておく時間です。15分くらいかかります
  3. 成形したあとに発酵させる:発酵には、45分くらいかかります
  4. ケトリング:生地をお湯で茹でます。準備時間も含めて15分くらい

ここまで出来たら、やっと、ベーグルを焼いていくことになります。実に準備には、1時間半ほどの時間が必要になります。

今回紹介するベーグルを作るのにかかる手間

さて、では、今回作るベーグルを作るのにかかる手間を、普通のベーグルと比べてみます。

  1. 材料をこねる:コネ時間は、5分〜10分くらい
  2. ベンチタイム:0分。特に休ませる必要なし。
  3. 成形したあとに発酵させる:0分。発酵の必要なし。
  4. ケトリング:0分。ケトリングする必要なし。

最初にこねる時間だけは少し必要なものの、準備に必要な時間はそれだけで、15分あれば、十分です。普通のベーグルと比べて、1時間15分も早く作れます。しかも、準備が15分だけだったら、思いたった時にいつでもつくれますよね?これなら、いつでも焼きたてのベーグルが食べれます。

なんでこんなに早くベーグルができるの?

1つめの秘密

普通ベーグルを作る時は、イーストを使います。普通のパン作りでも、イーストを使うのが一般的です。パンを作るには欠かせない存在ですが、イーストを使うことによって、発酵が必要となってきます。なので、時間がかかってしまうんですよね。では、イースト以外に何か使えるの?はい、使えるんです!その答え、一つ目の秘密が、ベーキングパウダーです。

ベーキングパウダーと言えば、マフィンやクッキーなど、お菓子作りには欠かせない存在で、いわゆる膨らし粉です。それ自体に癖はないので、どんなお菓子でも、だいたいベーキングパウダーを使います。ベーキングパウダーの、「膨れる」機能をベーグル作りにもいかしていきます。ベーキングパウダーを普段のお菓子作りより、少し多めに使うことで、いい感じにふっくらと仕上がります。

2つめの秘密

普通ベーグルを作る時は、パン作り同様、強力粉にお水を加えて、捏ねていきます。今回のベーグルでは、お水を使いません。代わりに何を使うかと言いますと、それが、2つ目の秘密です。それは、水切りヨーグルトです。いわゆるギリシアヨーグルトなんですが、ギリシアヨーグルトは、お店で購入すると高価なので、普通のヨーグルトの水切りをした、水切りヨーグルトを使います。

水切りヨーグルトを作るには、まず、ザルの上にキッチンペーパーを敷きます。その上に、ヨーグルトをいれます。ザルの下に、ザルが全部浸からない程度の大きさのボールをおきます。(このボールに水切りした水分を貯めていきます)最後に、上にラップをかけて、冷蔵庫で一晩放置。翌朝には、しっかり水の切れた水切りヨーグルトの完成です。

水切りヨーグルトを使うことによって、ふわふわモチモチ感が追加されます。それによって、ケトリング(茹で作業)が不要となります。また、水切りヨーグルトには、たんぱく質が豊富に含まれているので、たんぱく質も摂取することができるので、一石二鳥。

作り方を紹介していきます

小さめのベーグル4個分の分量になります。

材料

  • 強力粉 1カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • お塩 小さじ1/4
  • 水切りヨーグルト 1/4カップ

材料は、たったの4つでOK!この他に、トッピングが必要であれば、お好みで。今回は、シナモンレーズンとエブリシングベーグルを作りました。なので、追加でレーズンとシナモン、エブリシングスパイスを準備。

作り方

  1. まずは、強力粉、ベーキングパウダー、お塩を混ぜ、そこに水切りヨーグルトを追加します
  2. 1を軽く混ぜたら、打ち粉をひいたシートの上で、5〜10分捏ねていきます
  3. 捏ねたら、生地を4等分にします。今回は、2個には、レーズンとシナモンをいれて、残り2個には、エブリシングスパイスをかけました。
  4. ベーグル状に形を成形します。(表面をツルツルに見せたいときは、分量外の溶き卵を薄く塗ります)
  5. 190度に余熱したオーブンで20分程度焼けば、できあがり

作る際のポイント

  • イーストを使わないので、発酵もなく、分量さえ守れば、ほぼ失敗しないと思います
  • 普通のヨーグルトだと、水分が多すぎて、ベチャとなってしまいますので、ヨーグルトは水切りをしてください

準備時間長くて15分。材料たった4つで、とても簡単に美味しくできるので、是非作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました