簡単ヘルシー、オートミールチョコレートチップクッキーの作り方

Oatmeal

オートミールと全粒粉を使って、アメリカンなチョコレートチップスコーンを作ります。ダークチョコレートを使って、甘さは控えめに。美味しいからバクバク食べれちゃいます。

どんなクッキーなの

まず、メインとなる材料は、オートミールと全粒粉です。オートミール は、粒状のままを使います。Old Fashing Rolled Oatsという大きめの粒のものを使えば、ザクザクした食感になります。クイックオーツという、一般の日本のスーパーで売られているものを使うと、粒が小さめなので、ザクザクよりは、歯ごたえは低めになります。

また、全粒粉とオートミールを使っているので、全体的に、食べ応えのあるクッキーになります。バターは使っていないので、サクサクでほろほろするような食感ではなく、ザクっとした一枚です。でも、中は、ちょっと柔らかくて、このコンビネーションが最高。アメリカのスーパーで売られていそうなクッキーですが、甘さは控えめです。

このクッキーが大好きな理由

まずは、私の大好きなオートミールを使ってます。オートミールは、粒状のままをザクザク使います。なので、オートミールのザクザクがナッツにも近いような感じで食べ応えもあり。

甘さも控えめなので、たくさん食べれちゃいます。外は、固めなので、小さな容器にいれて持ち運べば、外出先でもヘルシースナックが楽しめます。

作る時も、一つのボールで材料をざっくり混ぜて、丸めて潰してクッキー状にするだけなので、簡単にできて、失敗がありません。

ここがヘルシー!

オートミール

オートミールは、ビタミンやミネラル、抗酸化成分が豊富に含まれている栄養満点の食材です。食物繊維も豊富なんで、お通じもよくしてくれます。

また、コレステロール値を下げてくれる効果もあるとか。満腹感を与えてくれるので、、ダイエット中にもオススメです。

砂糖不使用

白砂糖には、栄養価がほとんど入っていません。同じ甘味料を使うなら、メープルシロップかはちみつがオススメです。もちろん、メープルシロップもはちみつも甘味料なので、カロリーは白砂糖とは変わりありませんが、ミネラルなどの栄養素が含まれています。また、加工されている白砂糖に比べて、ナチュラルな食材とも言えます。

ココナッツオイル

バターの代わりにココナッツオイルを使っています。最近人気になってきたココナッツオイルには様々は健康ベネフィットがあると言われています。期待できる効果としては、空腹感を抑えてくれたり、善玉菌を増やしてくれたり。

私は、基本、ベーキングの際は、すべてバターの代わりにココナッツオイルを使っています。ココナッツオイルでも問題なく焼きあがります。匂いを気にされる方もいるかもしれませんが、ベーキングで焼きあがったものが、とりわけココナッツ味になるということはありません。

全粒粉

薄力粉より、栄養価の高い全粒粉を使用しています。薄力粉(白い小麦粉)は、栄養素を全部とってしまっているので、それよりは、全粒粉を使うようにしています。薄力粉と全粒粉を混ぜて使うのもいいと思います。

ダークチョコレート

チュコレートと言うと、ヘルシーからはほど、遠いように思う方もいるかもしれませんが、実は、ダークチョコレートには、健康ベネフィットがたくさんあります。少量を摂取することは、むしろ満腹感を与えてくれるとも言われていますので、是非、ダークチョコレートを取り入れてみてください。ミルクチョコレートに比べて、甘味料も少ないので、甘さも控えめにできて、私は、ダークチョコレートの方が好みです。

では、一緒に作っていきましょう

今日紹介する材料で、20個くらいできます

材料

  • オートミール 1 1/4カップ
  • 全粒粉 3/4カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • シナモン 小さじ 1/2
  • 卵 1個 (ヴィーガンの方は、植物性ミルク50ccで代用可能)
  • メープルシロップ 1/4カップ
  • ココナッツオイル 大さじ2
  • チョコレート 70g

作り方

  1. オートミール、全粒粉、ベーキングパウダー、シナモンを混ぜておく
  2. 卵、メープルシロップ、ココナッツオイルを混ぜる
  3. 1に2を加えてよく混ぜる。ダークチョコレートも加えて、混ぜる
  4. ボール状に丸めたあと、ゴムヘラで平らにする
  5. オーブンを180度に余熱
  6. 180度で、12〜15分焼いて、出来上がり!!

作る際のポイント

  • 冬場などでココナッツオイルが固まっている時は、レンジで少しチンして、溶かしてから使ってください
  • 焼きあがりより、冷ましてから食べるのがオススメです
  • たくさん作りすぎた場合は、密閉容器にいれて、常温で、2週間〜1ヶ月は保存ができます(夏場は、なるべく早めに食べるか、冷蔵庫にいれてもいいかもです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました