お手軽簡単!豆腐で作る、ヘルシーティラミス!

スイーツ

意外かもしれませんが、豆腐を使って、とっても美味しいティラミスが簡単に作れます。豆腐を使いますが、豆腐の豆臭さは感じません。

ティラミスを作るの難しそう。ティラミスは買うものでしょ?と思われていた方、実は、とっても簡単にできます。材料も普通のスーパーに売っている、手に入りやすいものなので、是非、作ってみてください。

普通のティラミスとの違い

豆腐を使います

本格的なイタリアンのティラミスでは、卵黄と砂糖を使って、クリームをつくります。また、それとは別に、卵白をメレンゲ状にして、さらに生クリームも加えます。確かに、とっても美味しいティラミスができると思いますが、卵黄クリーム作って、別にメレンゲも作って、生クリームも泡出てて、と面倒ですよね。しかも、メレンゲ作りに失敗する可能性もあるし。

そんな悩みは、豆腐が全部解決してくれます。豆腐は、水切りにして、水分をしっかりきります。それを、ブレンダーでよく混ぜると、クリームのようになります。実は、この豆腐がいい役割をしてくれるので、もう面倒な作業はいりません。

クリームチーズを使います

通常、ティラミアスを作る際は、マスカルポーネチーズを使います。ただ、このマスカルポーネチーズ普通のスーパーじゃ、まず売ってない。普通のスーパーで売ってるところ、見たことないです。たしか、カルディとかの輸入食品を扱うお店にはあったように思いますが、お値段も高め。なので、今回は、マスカルポーネチーズの代わりに、どこのスーパーでも手軽に買える、クリームチーズを使いたいと思います。本場イタリアの方に怒られてしまいそうですが、クリームチーズで十分代用できます。

どこでも買えるビスケットを使います

本格ティラミスは、フィンガークッキーというタイプのクッキーを使いますが、まあ、そんな素敵なクッキーは普通のスーパーにはないです。こちらも輸入食品を扱うお店に行けばあるかもしれませんが、高価だし、このためだけに購入するのも面倒ですよね。

そこで、使うのは、普通のビスケット。どこのスーパーでも売ってます。ちなみに、コンビニでも売っていて、コンビニなら、袋に入ったものが100円で買えます。お安く手軽に購入可能。このビスケットで、たまに食べると美味しんですよね。ミルクが欲しくなる味。ティラミスのために買ったのに、気づいたら、半分食べちゃったよ、なんてこともあります(笑)

このティラミスをオススメしたい理由

お手軽に作れる

本格的にティラミスを作ろうと思うと、材料選びにも困るもの。材料が全部見つかったとしても、一つ一つの材料のお値段が高めで結構コストがかかってしまったり。でも、今回紹介するティラミスの材料は、どこにでも売っているもので、お値段も抑えて作ることができます。

豆腐とクリームチーズでたんぱく質摂取

今回は、絹豆腐160g、3パック入りの一つ分を使います。その量で、たんぱく質8gくらいになります。また、クリームチーズはたんぱく質がたくさん含まれている乳製品の一つで、今回の量160gには、約13gのたんぱく質が含まれています。豆腐と足すと、全部で21g。ちなみに、紹介する量は、2個分なので、一つ分のたんぱく質は、約10g。スイーツを食べながら、たんぱく質も摂取できるなんて、最高!

簡単にできる

泡だてたりする面倒な作業はありません。クリームは混ぜるだけ。一番簡単は方法は、豆腐とクリームチーズをブレンダーで混ぜてしまうやり方です。こうすることで、しっかりとクリーム状になるまで混ぜることができるので、豆臭さもなくなり、口当たりもよくなります。

ブレンダーがない場合は、根気よく、手で混ぜることもできますが、あれば、ブレンダーを使うのがオススメ。

では、作ってみましょう

ティラミス2つ分。使った容器は、Weckというブランドのガラス容器で、サイズは、140mlです。

材料

  • 絹豆腐 3パックの1つ分(約160g)
  • クリームチーズ チーズと同等量 (今回は、160g)
  • はちみつ 大さじ3(約45〜50g)
  • レモンジュース 小さじ1/2 (オプションですがあった方が美味しいです)
  • インスタントコーヒー 大さじ1〜2
  • お湯 100mlくらい
  • ビスケット 小さいのを合計18枚数(ティラミス一つにつき9枚使用)

作り方

  1. 絹豆腐の水切りをする。キッチンペーパーに絹豆腐を包んで、500wのレンジで2分加熱。加熱後は、余熱をとる
  2. インスタントコーヒーは、お湯で溶かして、濃いめのコーヒーを作っておく
  3. 余熱のとれた絹豆腐、クリームチーズ、はちみつをブレンダーに入れて、クリーム状になるまでしっかりと混ぜる。
  4. クリーム状になったらなったら、レモンジュースをいれて軽く混ぜる。これで、クリームが完成
  5. ビスケットを2で作ったコーヒーに浸していく。
  6. コーヒーに浸したビスケットを容器に敷いて、その上に、4で作ったクリームを乗せていく
  7. 5と6と繰り返して、全部で、3層にする
  8. 最後に、カカオパウダーをかけて、完成

作る際のポイント

  • 豆腐はしっかりと水切りをしてください。しっかり水切りすることで、豆腐臭さが軽減できます
  • 豆腐とクリームチーズはしっかりとブレンダーで混ぜる。こうすることで、豆腐臭さがさらに軽減できるのと、口あたりのよいティラミスができます
  • ビスケットをコーヒーに浸す時は、手早く。時間をおきすぎると、ビスケットがコーヒーを吸収しすぎてしまいます
  • 水切りした豆腐の余熱をとっている時に、他の材料の分量を測ったり、コーヒーを作ると、時間に無駄なく作れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました