心配ばっかするのは、もうやめよう!心配や不安を解消するたった一つの方法。

Mind

仕事のこと、お金のこと、将来のこと、とにかく心配ばかりしてしまう。

変化の多いこの時代で、心配や不安を抱える人は多いはず

どんなに成功している人でも、人間、みんな心配や不安があります

たった一つの違い。それは、成功している人は、心配や不安をアクションに変えていること。

結論。

心配や不安はいいことをもたらしません

心配する代わりにアクションすることが一番大切

では、ここから、ちょっと具体的に。

なぜ私たちは、心配してしまうのか?

多くの場合、育った環境で、親や家族から影響されることが多いです。

例えば、お母さんが心配性で小さい時から心配ばかりされてきた。自分も大人になり、気づけば、お母さんと同じように心配ばっかりしている。

私も、このケースです。母親のことは大好きだし、尊敬してるけど、かなりの心配性。気づけば、自分も同じように心配性になってました。大人になってから、周りの人に何度が指摘され、「あれ?もしかして、私って心配ばかりしてる?」と気づきました。

思い出す、過去の恋愛。起こり得ないことを先に心配ばかりしたために、ウザがられて、相手が去ってしまった、なんてことも何度かありました。だから、恋愛もうまくいかないんだ、と気づきだしました。心配すればするほど、疲れる。変わりたい!それが、私にとってのきっかけです。

大丈夫!その心配の85%は起こりません

最近の統計では、心配事の85%は起こらない、という結果がでています。

仕事がなくなったらどうしよう、お金が足りないかも、いろんな心配をしますが、その心配は85%の確率で起こりません。

自分のことを振り返れば、確かに、色々心配してたけど、たいがい、心配してたことは起こってないな。残りの15%は、むしろ、変に心配したがために、ネガティブなオーラを持ち込んでしまって、あえて、自分でその心配事をもたらしていました。

もう一回言います。その心配事、85%の確率で起こりません。

それなのに、心配ばかりするのは時間の無駄だと思いませんか?ほんと、疲れるし。

それより、今何ができるかに集中して、アクションすることがもっともっと大切なのです。

心配はやめて、代わりにアクションをしよう

例えば、仕事がなくなるかもしれない、と心配していたとします。

そこから、仕事がなくなったら、家賃どうしよう。光熱費どうしよう。どうやって食べていこう。さらなら不安が絶えません。

そんな時、ソファに座って、何もせず、ただただ次から次へ湧き上がってくる不安を考えていることが、今の状態をよくしてくれるでしょうか?よくならないですよね。

心配や不安というものは、たいがい何もしていない時に起こります。

だから、心配や不安を払拭するためにできることは、アクションを起こすこと

それは、どんな小さなアクションだっていんです。

  • 仕事がなくなるかもと心配しているのなら、転職サイトを見てみる。
  • 履歴書を書き直してみる。
  • または、直接関係なくても、走ったり、エクササイズするとか。

とにかく、動く。

アクションは、次のアクションを生みます。

そして、そのアクションを続けていくうちに、自信を持てるようになるし、忙しくなって、心配している時間がなくなります

人間は、起きてほしいことより、起きて欲しくないことにフォーカスしてしまいがち。

成功している人だって、人間なら誰でも、心配や不安になることがあります。でも、彼らは、その心配や不安を次のアクションに変えているんです。

心配や不安になった時、私は、自分に問いかけるようにしてます。

「じゃあ、あたし、今、何ができる?」

あなたが昨日心配していた明日が、今日である

「道は開ける」(”How to stop worrying and start living”) などの著書で有名な、Dale Carnegie氏の名言の一つ。

覚えておいてほしい。昨日あなたが心配していた明日が、今日なのですよ。

Remember, today is the tomorrow you worried about yesterday.

「道は開ける」(”How to stop worrying and start living”)

心配してたけど、今日も大丈夫でしょ。しっかりアクションをして、計画を立てれば、物事はうまくいく、と自分自身を安心させてあげましょう。そんな意味が込めれています。

今ある、この瞬間がすべてで、心配することは何もいいことをもたらしません

もう心配するのはやめて、今のこの瞬間にフォーカス。

心配するより、今何ができるか考えよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました